読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抱き枕は最後の砦

アニオタをやっているとぶつかる壁がある。

もちろん、アニメキャラのグッズのことである。

キーホルダーや缶バッヂぐらいな

ら可愛いもの。

母校ではおジャ魔女のTシャツで学校に来ている奴もいた。

 

f:id:lambdabase:20170117005434j:plain

↑おんぷちゃんのこんな絵柄のTシャツ着たデブオタだった。

 

そしてやがて人は目覚める…性欲という魔物に。

f:id:lambdabase:20170117010258j:plain

生物としての性を全うしようとするがあまり、湧き上がる情動。

それは人間という生き物である以上、二次元にしか興味がなくても避けられない衝動なのだ。

 

例えば、だ。

快楽天が部屋にあったとしよう。

「そういうお年頃なのねぇ…」

母に見られたとしても、一般的にはそんなものだ(実際には弟に対して有害だから処分するように言われたが…)

薄い本が撒き散らされていたとしよう。

「あ…ふーん…(察し)」

話題には上らないだろうが、心の中での格付けが確実に落ちる程度だろう。

 

ではー

抱き枕はどうなのか???

 ピコ太郎の新曲ばりに

「NoNoNo!!!」

だろう。

 

www.youtube.com

 

私もずっとそうだった。

そう思っていた。

何冊ものエロ本を買い、何冊もの薄い本で抜き、何MBもの二次画像で昇天しても…

「抱き枕を所有する」

これは「ドラキュラに血を吸われる」とか「ゾンビにかまれる」とか「ボーグに改造される」のと同じぐらい、「超えちゃいけないライン」だと考えていた。

 

だってそうじゃないか。

万が一他人が部屋にやってきたときに、快楽天や薄い本なら笑い話になるが、抱き枕が鎮座していたらどうか…っ!?

確実に人種が違うと拒絶されてしまうだろう。

 

…そう思って生きてきた。

 

しかし…

 

 

f:id:lambdabase:20170117004751j:plain

f:id:lambdabase:20170117004747j:plain

 

そう、今では私が抱き枕おじさん。

でも最後の抵抗として、まだこのカバーに詰め物をして抱っこしてはいない。

そこが私の…人間の…最後の証……ッ!!

f:id:lambdabase:20170117005026j:plain

f:id:lambdabase:20170117005030j:plain

 

だから足裏を凝視するのだけは許して欲しい。

何でもしますから!!!!!

 

www.amiami.jp

www.amiami.jp